top of page
  • bisa04

トランプゲーム 『ゴルフ』

昨日の活動も内容はほぼ変わらず、お絵描き算数から始まり、→ ビジョントレーニング → 計算を使うゲーム → 近くの公園でモルック → 昼食・休憩 → カードゲーム『ミューラ』でした。


先週ご紹介したトランプゲーム『101』はかなり気に入ったようで。毎週お子さんからやろうと提案があります。


今週は『101』のあとに『ゴルフ』(オリジナルルール追加)を遊びました。ゲーム終了後に感想を聞くと、『101』と同じくらい、それ以上に楽しかったそうです。


ルールは簡単なので今週もご紹介させていただきます。


トランプゲーム 『ゴルフ』

使用カード 1組52枚(まい)(joker除く)2~5人,2組108枚(joker含む)2~9人 カードの得点 2~5人 A…1点、2…-2点、3~9…数字通り、10…0点、絵札…10点 5~9人 A…1点、2…-2、3~9…数字通り、10…0点、J…11点、Q…12点、K…13点

ゲームの勝敗…自分のカードの合計数値を一番少なく減らした人の勝利。


配り方(トランプ1組の場合)

親は左隣から時計回りに1人1枚ずつ6枚カードを配ります。配られたカードを見てはいけません。

残ったカードは山札にして真ん中に置き、一番上のカードだけ表にして山札の隣の捨て札に置きます。

① 配られた6枚のカードを縦2列・横3列(2×3)に並べます。(トランプ2組3×4)

② 全員6枚のうちどれでも好きな2枚を表にします。

③ 表にした2枚の数字の合計が一番大きいプレイヤーから始めます。同数なら好きな方法で決める。

④ スタートプレイヤーは捨て札か山札一番上か好きな方のカードを取ります。捨て札から取った場合、自分の手札(表になっているカード、裏のままのカードどちらでもよい)と交換します。山札から取った場合、カードを表にして見せ、自分の手札と交換するか、そのまま捨て札に捨てます。捨てることを選択したら、自分の裏になっている手札のどこかを表にします。

⑤ 縦に同じ数字カードを揃えることができると、その列のカードを捨て札に捨てることができます。

⑥ 誰かが手札を全て表にしたら残りのプレイヤーはあと一回ずつプレイします。

⑦ 全員プレイが終わったら得点計算します。


得点計算方法

①プレイ終了後、裏になっているカードがあるプレイヤーは全て表にします。

②全員それぞれ表になったカードの合計点を計算します。

③最初に全てのカードを表にしたプレイヤーが単独で1番得点が少なくない場合、得点が2倍になる。

④誰かが所定の点数になったら終了。最も合計点の少ないプレイヤーの勝利 例)100点

※人数分ディールというルールがメジャー?

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

説明会・体験会終了しましたが

春休み期間中に説明会・体験会を設けました。 今週からはお問い合わせいただければ、説明会を設定します。体験については説明会の時にお話しさせていただきます。気軽にお問い合わせください。 明日も1名お母様のみでお越しになります。

Comments


bottom of page